KSQことKaori ShaQueda。
横浜市在住。
文字を綴ることを好み、ときにギターを弾き歌い、かと思うとトライアスロン(短距離の)に挑戦したり、ハイキングに勤しんだり、はたまた猫なみによく眠ったりもする。
2015年第一子出産。
一人。猫三匹。ギター三本。
詳しくは、Author Profileで。

Table of Contents:
Monologue
Phototheque
Musique
Tumblelog
ネコト



<< ライブのお知らせ(2012.6.16 18:25〜 飯田橋 SPACE WITH) | main | 駆け抜けてゆく >>


ライブを終えて
ライブの模様1ライブの模様2

ステージに上がる前は「これが最後かもしれない」と、いつも思うのだ。

したがって、「悔いのないステージにしたい」と。
いや、「悔いの残らない最高のパフォーマンスがひょっとして出来てしまうかも」と、期待高まるとでもいうのだろうか。

終わってみると奇跡なんて起こるはずもなく、普通にあちこちに反省点が残留している。そして思うのだ。「だめだ、これが最後だなんてあり得ない」と。

ゆえに、きっとまた次のライブはあるでしょう。と、ここに予言しておきます。



セットリスト:

  1. Dear Prudence
  2. Back in the U.S.S.R.
  3. We can work it out
  4. Strawberry Fields Forever
  5. Norwegian Wood
  6. While my guitar gently weeps
  7. Get Back
  8. Come Together

以上8曲でお送りいたしました。
遠くからご来場いただいた方々、偶然の巡り会わせてご覧いただいた方々、あたたかいご声援をありがとうございました。
次回も乞うご期待。